30日間無料でためす
皇室が愛した音楽

皇室が愛した音楽

再生する

今日は皇室に所縁のある音楽を紹介します。「祝典行進曲」は当時の明仁親王と正田美智子さま結婚の儀、「新・祝典行進曲」は当時の徳仁親王と小和田雅子さまの結婚の儀の際に作曲・演奏された曲です。 「歌声の響(ひびき)」は、沖縄県のハンセン病療養所の入所者との交流をきっかけに天皇陛下が「琉歌(りゅうか)」に詠み、皇后さまが作曲されました。さらに皇后さまは「ねむの木の子守唄」を作詞、「おもひ子」は作曲されるなど音楽的才能も発揮されています。 また新天皇陛下は学習院大学管弦楽団でビオラを担当、OB演奏会のステージに立たれていました。最近は愛子さまが弾くチェロと共演されることも多かったようです。 平成から令和へ移りゆく中で、皇室の方々に愛された音楽をお聴きください。

30日間無料で試す

このプレイリストの楽曲

オススメプレイリスト

30日間無料で試す